明治41年11月

昭和21年

昭和25年4月

昭和31年11月

昭和32年3月

昭和40年5月

昭和41年8月

昭和42年8月

昭和45年5月

昭和49年6月

昭和49年10月

昭和49年11月

昭和49年12月

昭和51年9月

昭和51年11月

昭和54年9月

昭和63年11月

平成元年5月

平成元年5月

平成元年8月

平成5年5月

平成6年1月

平成6年2月

平成11年8月

平成12年9月

平成14年5月

平成14年5月

平成15年10月

平成18年6月

平成19年11月

平成20年11月

   

平成25年1月

平成27年1月

平成29年8月

令和54



宮田専治が宮田専治商店として薬品販売業を開始。

宮田専治より宮田捨造が店主となり、戦後の経営基盤を確立した。

子会社(株)三若純薬研究所を設立した。

宮田専治商店を改組し、資本金500万円で株式会社宮田商店を設立、宮田捨造が取締役社長に就任。

倍額増資により、資本金1,000万円となる。

東京事務所を設置。

倍額増資により、資本金2,000万円となる。

大阪事務所を設置。

港ケミカルセンターを建設し、物流基地を確立する。

増資により、資本金2,300万円となる。

本社ビル建設。

増資により、資本金2,500万円となる。

タワーパーキング建設。

増資により、資本金6,000万円となる。

九州事務所を設置。

宮田和昭取締役社長に就任。

創業80周年事業としてホテルナゴヤキャッスルにて取引先謝恩パーティーを開催。

商号を株式会社ミヤタコーポレーションに変更。

東京事務所を東京支店に変更。

台湾に現地法人宮田貿易股份有限公司設立。

大阪事務所を大阪支店、九州事務所を九州支店に変更。

港ケミカルセンター、倉庫業の許可受く。

増資により、資本金1億5900万円となる。

港ケミカルセンター、EL薬品倉庫、危険物倉庫、増設。

株式会社めいせきを設立。

宮田和昭取締役会長に就任。

宮田松英取締役社長に就任。

港ケミカルセンター ISO14001の認証を取得。

三河地域の物流拠点として、刈谷ケミカルセンター建設・竣工。

刈谷ケミカルセンター ISO14001の認証を取得。

創業100周年を迎える。

大阪支店を本社に統合し九州支店を「西日本支店」に名称変更。

本社 ISO14001の認証を取得。

株式会社めいせきを廃業。

株式会社めいせき清算結了(会社登記抹消)。

宮田千穂取締役社長に就任。